大塚・巣鴨のバレエは「Hiromi Ballet Studio (ヒロミバレエスタジオ)」

体験レッスンに関する質問

 

 どのような準備が必要ですか?

服装はTシャツにスパッツや、ジャージ素材のズボン等、動きやすい服をご用意下さい。
また、シューズをお持ちでない方は、レッスンを行いやすよう靴下をご持参下さい。

 体験レッスンはどのようなことをするのでしょうか?

まずは基本の姿勢・手のポジション・足のポジションを覚えていただきます。
また体験レッスンでは、教室の雰囲気が合うかどうかを見ていただくことが大切です。
気兼ねなくいつでもお越しください。お待ちしております。

 レッスンの見学は出来ますか?

はい、大丈夫です。
見学だけでなく、ご希望であれば、無料レッスンを体験していただくことも可能です。

 体験したら入会が必要ですか?

無料体験はあくまでもレッスンを通じて、その楽しさ・素晴らしさの一端を知っていただくためのものです。
当スタジオからの強引な勧誘や強制などは一切ありませんのでどうぞご安心して体験レッスンにお出でください。

レッスンに関する質問

 

 全くの初心者ですがレッスンについていけますか?

はじめての方には柔軟からスタートいたします。バレエの基礎を、ゆっくり確実に身に付けられるよう丁寧に指導いたします。それでも不安な方は無料体験レッスンにお気軽にご参加ください。見学だけでも参加していただけます。

 体が硬いのですがバレエはできますか?

はい、大丈夫です。
定期的にレッスンを続けることによって、少しずつゆっくりと柔軟性のある身体になっていきます。また、お家でも柔軟をしていただくことをお勧めしています。目標を持ってがんばって下さい。ご自分の体が変化していく事が明らかに実感出来ると思います。

 運動が苦手なのですが、大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。
自分のペースで楽しんでレッスンをしていただければと思っています。まずは踊ることを趣味にしていただくことが大切です。

 トウシューズは何歳から履けますか?

身体の発育やレッスンの度合いによって個人差があります。小学1年生のお子様が週2回のレッスンを受けられて、およそ小学3年生からトウシューズを履くように指導していますが、最も適した時期を見定めてこちらからお勧めいたします。

 どんな方がレッスンしているのですか?

3歳児から中高年の方まで、年齢層が幅広くさまざまな目的を持った方がレッスンに来られています。
アダルトクラスでは、大学生からOLさん、60代の方まで楽しくレッスンされています。

 クラスは何名くらいでレッスンされてますか?

クラスや曜日によっても差がありますがおよそ3~4名程度でレッスンを行っています。一人ひとりへの決め細やかな指導のため、落ちこぼれになることはありません。根気強く出来るまでレッスン指導を行っております。

 バレエを始めるのは何歳頃がいいでしょうか?

何歳からでも始めて頂けますが、3歳から8歳頃までの身体も心も柔軟な時期をお勧めしております。また、大人の方は、小さい頃からバレエを習っていたけどまた再開した方や大人になって初めてバレエをされた方など、様々です。

 レオタードを着るのは抵抗がありますが・・

子供のクラスでは、正しい姿勢ができているか確認が必要なので、レオタード着用を基本としています。大人のクラスでは、トレーナーやTシャツ、スウェットなど動きやすいスタイルで気軽にレッスンを受けられます。個々のスタイルで結構です。

 バレエのレッスンを始めるのに必要なものは何ですか?

レオタード、タイツ、バレエショーツ、バレエシューズの4点が必要です。当スタジオの隣にトーモンバレエショップがございますので、すぐに購入ができます。ただし、火曜日は定休日となっております。

発表会に関する質問

 

発表会とはどのようなものでしょうか?

1年毎に発表会を予定しております。発表会は骨髄バンクのチャリティーコンサートに参加しており、普段のレッスンの成果を発表する場で、観覧者の前で踊る喜びや楽しさが実感できる良い機会ですので、参加をお勧めいたします。

 発表会は絶対に参加しなくてはいけませんか?

アダルトクラス以外は全員参加が基本となっております。ただ希望がございましたら大人の方でも参加出来ますよう演目を設定いたしますので、少しでも興味のある方は是非ご一緒に挑戦いたしましょう。

 発表会出演料に、30万以上かかると聞きましたが本当ですか?

第1回目の発表会は、南大塚ホールで開催し、参加費は6万円台でした。第2回目は、人数が増え少し大きい会場のサンパール荒川にて開催し、参加費は8万円台でした。少しでも親御様へご負担とならないようにしていますが、舞台を作り上げるには、外側からは見えない舞台使用料、照明、舞台装置、音響、メイク等がかかりますので、実際の舞台を見ていただけると参加費相当の費用がかかっていることをご理解いただけると思います。

 衣裳は買い取りですか?衣裳代が心配です。

ご安心ください。買取ではありません。出演の際はレンタル衣裳を活用し、発表会費用の軽減に努めています。